トレードの商品には商品の一つ一つに値動きの特徴やクセがあります。

【ユーロドル/EURUSD】の価格・値動きの特徴を把握して、トレードを優位に進めましょう

FXのトレード手法を全公開中

実際に「トレーダー」としても活動しているわたしがFXを通して原資20万円から1000万円に一週間でしたトレードの一部始終を

ネット上で全公開しています。

 

  • ポジションの構築理由
  • トレードする際に何をどう考えていたのか
  • 通貨ペアの選定理由
  • 日数毎のトレードプランやヴィジョン

を載せながら1万文字以上の内容になっています。
合わせて是非、ご覧ください。

非常に美しいトレンド形成

 

ユーロドルの特性の醍醐味の一つとして真っ先に挙げられるのが

トレンド形成時に非常に素直に、綺麗に推移するという点です。
チャートはTradingView icon-external-link で作成しました
画像を押すと、大きくなります

上記のチャートは日足チャートです。

三本の移動平均線を表示させていますがチャートをみれば分かるように

これでもかというくらい戻り売りを繰り返しながら非常に綺麗な下落トレンドを形成しています。


その期間実に45日間。一カ月以上の月日です。

そして、このトレンドの美しさは日足に限った話ではありません。

チャートはTradingView icon-external-link で作成しました
画像を押すと、大きくなります

上記のチャートは4Hチャートです。

こちらのチャートは上記で表示した日足のチャートを4Hに均しただけですが
下位足でも同じように美しさのあるトレンドを形成していますね。

 

チャートはTradingView icon-external-link で作成しました
画像を押すと、大きくなります

 

こちらは上記で上げた時間軸とはことなる、
15Mチャートです。

下落トレンドのみならず、上方トレンドも同じように美しさのある流れを形成しています。

また、15Mという短い時間足でも綺麗なトレンドを描くことに通貨としての特徴が色濃く反映されています。

短期軸~長期軸まで原則どの時間帯でも美しいトレンド形成をすることは
わたし達トレーダーにとっても非常に有意義かつメリットのある点であるといえるでしょう。

 icon-check-circle POINT

トレンドの形成が非常に美しい
短期から長期まで美しくトレンドを描く傾向性がある
どの時間軸のトレーダーにも魅力的

 

思惑のある値動き

 

ユーロドルは世界でも最大規模の流動性がある為
チャートの世界でも買い手と売り手、その双方の思惑が常に通い合っています。

チャートはTradingView icon-external-link で作成しました
画像を押すと、大きくなります

チャートは15Mチャートです。

赤矢印のだまし上げの後、ユーロドルの特徴を活かした
非常に綺麗な下落トレンドが始まっています。

このようにユーロドルは非常に綺麗なトレンドを形成する反面、

レンジ~トレンドの始まりまではストップ狩りやだまし上げだまし下げ
といった思惑のある値動きをすることが非常に目立つ性質を持っています。
 icon-check-circle POINT

特に売買の拮抗する価格帯での思惑のある値動きは一級品。
明確なトレンドが発生するまで
安値や高値を更新してきたり跳ね返したりと
人間模様溢れるチャートを形成する。

 

ドル円(USDJPY)との逆相関関係の存在

 

ユーロドル(EURUSD)はドル円(USDJPY)との逆相関関係が存在します。

実際に週足ベースで同じ時間軸を目安にユーロドルとドル円のチャートを下記に表してみました。

【ユーロドル週足】

【ドル円週足】

観て分かるように綺麗に逆相関関係となっていますね。

厳密には常時逆相関しているわけではなく、
ドル/ユーロ 等の各通貨が 急激に買われたor売られたときにその逆相関系を
色濃く反映します。純粋に通貨間の強弱の問題です。

リスクオフやリスクオン、通貨の強弱も含めていつでも逆相関系になるわけではないので注意してください。

 icon-check-circle POINT

ドル円との逆相関関係が存在する
いつでも逆相関が起きるわけではない

相場の動く時間帯は午後~夜中

 

ユーロドルの値動きの時間帯についてですが
原則的に日本時間の日中はリスクオンやリスクオフの流れや突発的な経済指標等の
資金流入がない場合あまり大きな動きは発生しません。

しかし、
午後からの欧州・欧米勢の介入にかけて値動きと流れは一気に変動してきます。
さすがは欧州欧米の基軸通貨ペア。と言ったところでしょうか。

上記のことからも日中仕事がある場合にも機会損失をする機会が少なく
非常に理にかなっている。と言えるでしょう

重要な経済指標『ECB政策金利』の存在

 

ユーロドルでは

ECB政策金利」という値動きの値動きを大きく左右する

経済指標/ファンダメンタルが【毎月】発表されます。

(どういった指標なのか?が気になる方はネットを参照してみてください)

この発表前後は一瞬で50pips等変動し値動きが極めて大きくなるため、トレードチャンスを狙いたい人達に
とっては実に魅力的です。

また、値動きの特徴の一つである「トレンドを綺麗に形成する」性質と相まって
非常に大きな流れを形成することもある為、必ずこの時間帯はチェックしておきましょう。

 


ドル円との逆相関関係もある為最近では値動きも乏しくなりましたが
「米国雇用統計」
「要人発言」でドル円の売買が
一方方向に偏る場合は逆相関を誘発しやすくなるのでこちらも

必ず記憶しておきましょう。

 

特徴を知って効率の良いトレードを

 

ユーロドルの値動きや特徴についてお話してきましたが

  • トレンド形成時に非常に素直な性質
  • 思惑のある値動き
  • ドル円との逆相関関係

この3点だけはしっかりと覚えておきましょう。

通貨の性質を知りることは、自分の戦えるフィールドとトレードチャンス
を増やすことに繋がりトレードがより楽しく豊かになるとても有意義なことです。

実際に、わたしが以前行ったトレードチャレンジ  でも
この性質を把握しながら通貨ペアを選択して
トレードを頻繁に行っていました。

【全公開】XMハイレバFXトレードで20万円を1週間で1000万円にした手法まとめ

トレードプランから手法の考え方までチャレンジの過程を記事にて全公開し
ツイッター上の画像を引用しながら

  • ポジションの構築理由
  • トレードする際に何をどう考えていたのか
  • 通貨ペアの選定理由
  • 日数毎のトレードプランやヴィジョン
  • エントリー時のチャート画面

考え方や戦略について触れて言及しながら
約1万文字の厚みのある記事になってしまいましたが記事を作成しています

実績そのものをネット上で公開していることからも

有償やダウンロードコンテンツ形式での販売は一切していません。
簡単な手順で全て無償での公開をしています。

===========================
【実際に読んで頂いた方達からの感想のメッセージ】

上記の通り、

  • これから新しくXMでトレードを始める方(口座をお持ちでない方)
  • 普段XMでトレードをしている方

どちらの方にも満足に読んで頂けるように構成しています。

  関連記事:【全公開】XMハイレバFXトレードで20万円を1週間で1000万円にした手法まとめ

あなただけのトレードスタイルを確立して、より良いトレードライフを送りましょう✨

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事