海外FXゼロカット追証なしの仕組みを「トレーダー」が解説します

 

FXを始めてまもない方だと、リスクや危険について抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

  • 一気に資本金がマイナスになってしまった
  • 借金って本当にあるの?

 

借金を背負うのは「追証」という制度があるからに他なりません。

しかし、追証が存在する理由やゼロカットシステムを導入している業者もがあることを知っていましたか?

 

SNS上で実際にトレーダーとしても活動しているわたしが、わたくし達トレーダーを護るゼロカット制度について解説します。

 

   普段市況しているハッシュタグ

#たまには市況してもいいよねいいでしょ 

・オプション
・国債/金利
・チャート
・需給や強弱まで

画像やメディアに残しながら幅広く思考のカードを活かして市況しています。

 

 

FXの追証2つの種類

 

追証とは=追加証拠金のことを意味します。

FXではトレードで「レバレッジ」を用いてトレードしますので当然損失は、レバレッジをかければかけれる程大きくなります。そこでFX会社によっては損益が拡大し、原資の含み損が大きくなってくると追加で証拠金の増加を促してきます。

大きく分けて、追証には

  1. 証拠金維持率を下回った際の入金の催促
  2. 資本金以上の損失が発生した場合の請求

 

の2通りがあります。それぞれのケースからまずは理解を進めましょう

①証拠金維持率を下回った際の追証

 

わたくし達は日々レバレッジを活かしてトレードを行いますが、業者によって「マージンコール(強制決済)」の制度が備わっています。

これは資本金以上の損失がトレーダーに発生しない為に業者側が前もって決済するという制度のこと。

 

業者によって強制決済される維持率の割合は異なってきますが、証拠金維持率がある程度下回ってくると、決められた期日内での必要金額の「追証」を迫られます。

大体1日~2日前後待ってくれますが、必要となる金額以上の入金が無かった場合そのまま、マージンコールとなり強制的にポジションが決済されてしまいます。

 

 

つまり、負債となる借金を背負うことが無いのがこのケースです。

フルレバレッジ(最大倍率まで全力でポジションを持つこと)でのトレードをよくする方がこのケースに該当する方も多いです。

 

 

何故追加証拠金を促してくるかと言うと、FXの会社側が損を被りたくない為です。

わたし達は業者という仲介を通してトレードを行っています。例えるならお金を借りてトレードをしている状態なのです。

つまり借りたものは返さなくてはならないように、損失を出したくないため=補填する為に追加証拠金の請求をしてくるのです。

 

②資本金以上の損失が発生した場合

 

 

 

  • 突発的なレート変動で急落や暴騰
  • 一瞬で資本金以上の損失が発生してしまった
  • 一般的にFXで多額の借金が生まれる!怖い!

 

といったイメージが強いですがそれはこのケースによって発生します。

 

FX業者はトレーダーの資本金以上の損失を出さないように一定の水準まで 損失が増えた場合 【強制ロスカット】と言われるシステムを用いて

自分の持っているポジションを強制的に決済されます。 この強制ロスカットは資本金以上の損失を生み出さないためにある制度なのですが、 為替の世界では数年に数回急激な大暴落/大暴騰を発生するときがあります。

過去に合った急変動一覧

  • 英国民投票(ブレクジット)
  • 米国大統領選挙
  • スイスフランショック
  • リーマンショック

 

リーマンショックは誰でも一度は聞いたことがある名前ですよね。

これらの急変動時には一瞬にして数百pips~1000pips以上の値幅が動くことも少なくない為、「ポジションの決済自体が間に合わない」と言った事も少なくありません。

動画でよく分かるスイスフランショックの値動き

 

動画が非常に分かりやすいですがこういった大暴落の際には

  • 強制ロスカットの制度や注文が間に合わない事がとても多い
  • 結果として非常にズレたレートで約定される

 

事となります。

当然、強制ロスカットが間に合わない=資本金以上の損失が発生することを意味しますから、わたしたちは追証を支払わなけばなりません。

 

そして、ここで初めて追証と言う名の「借金」を背負うのです。

 

 

 

ゼロカットシステムの存在

 

一方で【借金】を伴う追証とは反対に「ゼロカットシステム」を導入している業者が海外FXには数多く存在します。

 

ゼロカットシステムとは、資本金以上の損失が発生した場合、会社側が損失を補填し追証を請求されることがない。

という制度で文字通り負債を抱えるリスクは一切ありません。

つまり、どれだけ相場が急激に動いて資本金以上の損失が発生したとしてもわたし達は借金を「1円」も支払う必要がないのです。

この制度があるだけでも非常に安心感と魅力がありますよね。

 

どこの会社がゼロカットなの?

 

 

現状、日本にあるFX会社は有名な会社は全て追証ありのシステムになっています。つまり日本のFX会社を使っている以上は【借金】を背負うリスクがどれだけ少なくてもあるということです。

一方でゼロカットシステムを導入している会社は海外FXに存在します。追証なしのゼロカットシステムで安心感のあるトレードをしたいと思うなら海外FXを使用するのが適格です。

海外FX業者にゼロカットシステムがある3つの理由

 

海外FX業者はどうしてこういったトレーダー保護とも取れる制度を実施している業者が多いのでしょうか?

そこには「明確な理由が存在します」

①顧客に対するプロモーションの一環

 

海外FXは国内FXと比較して

  1. 高いレバレッジ倍率
  2. 豊富なボーナス制度
  3. 追証なしのゼロカットシステム

 

の3つをポイントとして国内業者と差別化を図る様に運営されています。

 

国内業者の場合、日本国の法律に遵守してFX業者は活動している為個人のトレーダーに対して上記の様なアプローチをかけることが出来ません。

従って海外FXは全面的にそういった国内業者には出来ない点を「魅力」の1つとすることで差別化を図り、トレーダーを囲い込んでいる訳です。

 

当然、国内の法律に遵守していないことは捉え方次第でメリットでもあり、デメリットでもあると形容することが出来ます。

 

②高い収益性から顧客に対する補填も可能

 

  • 多額の損失を抱えても補填してくれるのは何で?
  • どうして追証なしを実現出来るの?

 

と言った疑問が浮かんでも答えは明確。海外FX業者は往々にして「高い収益モデル」となっているからです。

つまり、「ゼロカットシステムで顧客の損失を補填しても有り余る位の利益率を誇っている」と言い換えることが出来ます。

 

海外FXは国内と比較してもスプレッドの広い業者や1回の取引毎に手数料を徴収する制度が多く、その多くはスプレッドからなる手数料収入だけでも
かなりの利潤を追求しています。

勿論相対取引と言った呑み行為も含めて業者が利益を上げやすいビジネスモデルになっていることは言うまでもありません。

 

しかし、上記で述べた3つの特徴の様にそれらを含めても個人トレーダーに対して有り余る恩恵を提供しているのは確かな事実。

実績や経歴が、今まで海外業者を愛用してきたトレーダーの多さを物語っています。

 

③多国籍過ぎてそもそも回収が不可能

 

文字通り世界各国にユーザーを抱える業者にとって、その国その国で文化も違えば「法律」も違います。

 

国内であれば住居から法律まで全てが日本国に準じて適用されるため負債の回収や催促も比較的スムーズに行えますが

そして何より世界中に点在するトレーダーに対して負債を回収しようとする事自体が、途方もない労力と時間を費やす事に繋がり、回収自体は不可能に近いものとなっていることは
言うまでもありません。

 

 

そういった観点からも

  • 高い収益モデル
  • トレーダーファーストの制度

 

を取り揃える事で日々収益を還元している訳です。

 

 

制度を活かして自分に合ったトレードを

 

これからトレードを始めたい人や追証のリスクがどうしても嫌な方にはゼロカットシステムを用いた海外FXを使用するのは非常に理にかなった制度と言えるでしょう。

 

トレードをするに為にシステムや仕組みを有効活用することは、自分の戦えるフィールドとトレードの「優位性・エッジを高める」ことに繋がり、

 

トレードがより楽しく豊かになるとても有意義なことです。

わたしがブログ上で全公開しているトレードチャレンジでも「優位性やエッジ」を高めながらトレードを初期の状態から行っていました。

トレードプランから手法の考え方までチャレンジの過程を記事にて全公開し
ツイッター上の画像を引用しながら

  • ポジションの構築理由
  • トレードする際に何をどう考えていたのか
  • 通貨ペアの選定理由
  • 日数毎のトレードプランやヴィジョン

 

考え方や戦略について触れて言及しながら
約1万文字の厚みのある記事になってしまいましたが記事を作成しています

実績そのものをネット上で公開していることからも

有償やダウンロードコンテンツ形式での販売は一切していません。
簡単な手順で全て無償での公開をしています。

===========================

各業者毎のボーナスを活用しながらトレードをより有意義に行いましょう。

 

  関連記事:【全公開】XMハイレバFXトレードで20万円を1週間で1000万円にした手法まとめ

あなただけのトレードスタイルを確立して、より良いトレードライフを送りましょう✨

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事