うるてぃあすたいる

クロス円・通貨の値動きの特徴を知って効率的なトレードを行おう

calendar

reload

クロス円・通貨の値動きの特徴を知って効率的なトレードを行おう

FXをする上で欠かせない通貨ペア選び。

通貨ペアの種類毎に特徴や個性が存在します。
扱う通貨の幅を広げて、よりトレードの視野を広げてみませんか??

クロス円・クロス通貨とは?

 

 

クロス円とは通貨ペアの特定の種類の総称を指します

 

世界的に有名な通貨ペア「ドル円」や「ユーロドル」といったドルとの通貨ペアのことをドルストレートと呼ぶのとは対象的に、
米ドル以外の通貨と日本円のペアのことを指します。

分かりやすく【ユーロ円】を例にしてみますと、

ユーロ円は「ドル円」と「ユーロドル」の2つの通貨ペアを掛け合わせて構成されています。

例えるならペッグ通貨・仲介役のような存在です。

通貨の連動性(相関関係)が強い

クロス円というのはペッグ通貨のような中間の役割を担うような通貨なので

相関・逆相関といった影響を非常に受けやすいです。

例えば ユーロ円で考えてみましょう。

ユーロ円というのはドル円とユーロドルのクロス通貨です。

つまり、ドル円とユーロドルの値動きの影響を非常に受けやすいということです。

ドル円orユーロドルが
極端な上昇をした際にはそれにつられるように上昇し、

極端な下落をした際は同じように下落を引き起こします。
このように値動きを起こす際は単体で動くものでなく、
ペッグしている通貨の影響を非常に受けやすいというのが
特徴です。

ボラティリティが大きい

 

ペッグ通貨の様な役割を担っている為、対象としてる通貨の相関や逆相関の影響を非常に受けやすいです。

そしてその分ボラティリティも大きくなる傾向にあります。

特に、ファンダメンタルが発生した時のようなお金の流れが一方通行になるような相場の場合
ペッグしている対称通貨の影響をダイレクトに受ける為、純粋なドルストレート通貨以上のボラティリティを引き起こします。

ボラティリティが大きいということはその分値幅も大きくなることを意味するので収益機会のチャンスが大幅に増加することに直結します。
上記の理由から
値幅の大きさでより利益を追求したいトレーダーに向いている通貨となっています。
 icon-check-circle POINT

相関や逆相関の影響を受けやすくボラティリティが大きい
値幅を大きく取りたいトレーダーに適している

 

お金の流れを読み取る

 

上記で述べたように
ドルストレートと違い、ボラティリティだけでなく連動制が非常に強いことが何よりの特徴です。

そのためクロス円の対象通貨ペアの流れを読み取ることが非常に重要になってきます。

裏を返せば、ドルストレート通貨の流れや方向感を掴めれば
トレードをするに当たって相場の流れ毎にドルストレートペアと使い分けが可能となり

非常に大きなアドバンテージと優位性を高くすることの出来るペアだともいえるでしょう。

以前、このクロス円の性質を活かして
XMのトレードチャレンジ icon-share-square-o で効率の良いトレードを行えたのも事実です。

XMのハイレバトレードで20万円を1週間で1000万円にしたまとめ

通貨のお金の流れを意識することは相場観やトレードのスキルを磨き上げることに繋がります。
相場の流れを意識しながらより効率的なトレードと収益機会の増加を狙いましょう!
追証なし/ゼロカットのXMTradingでは、
口座開設するだけで3000円分の無料ボーナス icon-external-link-square をもらうことが可能です。

 

今すぐ口座開設をしてみる icon-external-link-square 

より詳しくXMTradingの仕組みを読んでみる icon-arrow-circle-down

解説!!【為替FX】XMTrading 使い方・始め方

The following two tabs change content below.
うるてぃあ
株とFXを経て今は仮想通貨メインにやっています。 投資は『チェスのように』 1番の資本は『時間』がMy Style