BitMEX(ビットメックス)取引手数料安くする方法

 

BitMEX(ビットメックス)でトレードをしていると、どうしても気になるのが手数料の問題。

 

  • 手数料は節約出来るの?
  • トレードする度にかかる手数料が痛い...

 

そんな悩みを抱えることもトレードに慣れてくると非常に多いはず。

実際にトレードをする上で【手数料で得をする方法】を実際にトレーダーとしても活動しているわたしがご紹介します。

普段市況しているハッシュタグ

#たまには市況してもいいよねいいでしょ 

・オプション
・国債/金利
・チャート
・需給や強弱まで

画像やメディアに残しながら幅広く思考のカードを活かして市況しています。

 

始めに簡単にBitMEXのBTCFXのトレードにかかる取引手数料について簡単におさらいしましょう。

 

取引でかかる手数料一覧

メジャーな無期限取引(XBTUSD)の手数料ボード
手数料の種類金額(片道分)
Taker(成り行き)手数料0.075%(7.5$幅)
Maker(指値)手数料-0.025%(2.5$幅)
Funding手数料-0.375%~+0.375%
上記の通り、ほぼ全ての人が使用している無期限取引(XBTUSD)のグラフが上記の方となっており、
  • 成り行き取引をする度に約7.5$幅の手数料が徴収
  • 指値取引をする度に約2.5$幅の手数料を獲得

 

出来るシステムになっています。このことからも、

往復で成り行き取引をした場合は約15$分の手数料が徴収される用になっており、トレードスタイルによっては
かなりのコストを使用していることが分かりますね。

 

アフィリエイトアカウントは割引が適用される

 

BitMEXのトレード手数料に関しては上述の通りですが、BitMEXではアフィリエイトアカウントで口座を作成することで、

10%の割引を6カ月の間享受することが可能です。

この10%割引は

  • Taker手数料
  • Maker手数料

のそれぞれが10%オフになる仕組みです。

下記はアフィエイト口座での早見表になります。

アフィリエイト口座の手数料一覧

メジャーな無期限取引(XBTUSD)の手数料ボード
手数料の種類金額(片道分)
Taker(成り行き)手数料0.0675%(6.75$幅)
Maker(指値)手数料-0.0225%(2.25$幅)
Funding手数料-0.375%~+0.375%
上記の通り、アフィリエイト口座での無期限取引(XBTUSD)のグラフが上記の方となっており、
  • 成り行き取引をする度に約6.75$幅の手数料が徴収
  • 指値取引をする度に約2.25$幅の手数料を獲得

 

出来るシステムになっています。実際に値幅でイメージすると10%の割引の大きさが分かるはずです。

 

 

割引制度の視えない落とし穴

実際にパッと見では、
  • アフィリエイト口座の方がお得なんじゃないの?
  • 取引手数料が安くなるのは効率が良い!

 

と思いがちですが、ここに見えない「落とし穴」が存在します。

 

通常の取引口座の手数料

 

アフィリエイト口座の手数料

 

アフィリエイト口座ではMaker(指値)手数料まで割引されてしまう

 

上記が分かりやすい例ですが、アフィリエイト口座ではMaker(指値)手数料まで割引されてしまう為

指値注文が多いトレーダーにとっては10%の割引分損をしている状態であると言えます。

逆にTaker(成り行き)注文が多いトレーダーにとっては10%分支払いう金額が少なる為得をする状態であることが分かりますね。

どうしてMaker手数料が10%OFFになるとトレーダーにとって不利益となるのですか?
ビットメックスではMaker手数料がマイナスとなっており、Takerと違ってマイナス分の手数料を利益として還元し享受出来るシステムとなっています。その為、アフィリエイト口座では本来受け取るはずであった手数料までもが割引されてしまう為Makerを多用するトレーダーにとってはその分不利益が生じることになる為です。

口座毎の手数料比較早見表

 

 

下記は

  • 通常取引口座
  • アフィリエイト取引口座

 

の実際の取引手数料の比較早見表です。

はアフィエイト口座での早見表になります。

口座毎の手数料比較

メジャーな無期限取引(XBTUSD)の手数料ボード
手数料の種類通常口座アフィリエイト口座手数料差額/値幅
Taker(成り行き)手数料0.075%(7.5$幅)0.0675%(6.75$幅)0.75$/片道
Maker(指値)手数料0.025%(2.5$幅)-0.0225%(2.25$幅)0.025$/片道

 

早見表で比較してみると、Takerでは片道だけで0.75$幅の差が出ると非常に割合が大きいのが一目で分かりますね。

実際に一往復のトレードを全て成り行きで行った場合、通常口座とアフィリエイト口座の間では「1.5$幅」もの差が生じてしまいます。

この状態でトレードを10回、100回と積み上げたら大きな差が生まれることは言うまでもありません。

自身のトレードのタイプ毎に口座を使い分けよう

BitMEXでの手数料の仕組みと口座の性質を理解した上で自身のトレードタイプに合わせた使い分けが重要です。

  • 自分のトレードスタイル
  • 実際の過去の取引履歴
  • 手数料の割合

 

を見ながら、自分のトレードに適した口座を選択しましょう。

Maker(指値)注文を多用するトレーダーは通常口座がオススメ

 

制度と仕組みの観点からも、Maker注文を多用するトレーダーには「通常口座」がオススメです。

一回当たりのトレードでは少ない割合であったとしても、10回、20回、100回、、、とトレードを積み重ねる毎に
本来獲得出来たであろう金額がどんどん増えていきます。

トレードで得られる利益を更に向上させる為にも通常口座でのトレードで取引を行いましょう。

Taker(成り行き)注文を多用するトレーダーはアフィリエイト口座がオススメ

 

反対に、

  • 普段から成り行き取引が多いトレーダー
  • ストップ止めや浅いストップ注文を頻繁に行うトレーダー
  • トレードの回転が多くTaker手数料の多いトレーダー

 

はアフィリエイト口座でのトレードの方が断然お得です。

Maker手数料と違いTakerは片道辺りの手数料も0.75$幅単位で変わってきてしまうので回数を重ねれば重ねる程

コストの消費は膨大なものとなっていきます。

優位性とエッジを高めて得をしよう

自分自身のトレードスタイルを把握して「コスト」の割合を抑えることは取引を始める前からトレードの優位性やエッジを少しでも高める事の出来る
重要な要因です。

 

トレードを見つめながら自分にあった効率の良い取引を行いましょう。

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事