【解決策】国内FXでハイレバは使用出来るの?

 

  • 国内FXでハイレバレッジを使用したい!
  • そもそもハイレバを使用出来るのレバレッジの上限は?

 

FXトレーダーとして月日が長くなってくると少なからず疑問として湧いてくるのが「レバレッジ制度」の疑問点。

実際にFXトレーダーとして活動しているわたしが国内FXユーザー向けにハイレバレッジを使用したトレードを行う解決策を
ご紹介します。

普段市況しているハッシュタグ

#たまには市況してもいいよねいいでしょ 

・オプション
・国債/金利
・チャート
・需給や強弱まで

画像やメディアに残しながら幅広く思考のカードを活かして市況しています。

始めに、国内FXのレバレッジ制度について簡単におさらいしていきましょう。

国内FXは最大25倍のレバレッジでトレードが可能

2019年現在、日本国内のFXでは最大でレバレッジ25倍でのトレードが可能となっています。

これら日本国内の法律に基づいた規制となっており、日本国内に存在する業者であれば全てのレバレッジが25倍までの上限でFXトレードを楽しむことが可能となっています。

元々日本国内でも100倍以上のレバレッジをかけられる業者は非常に多数存在しましたが、年数の経過と共に規制が敷かれ、現在は25倍のレバレッジ制度で落ち着いています。

どうしてレバレッジに規制がかかるようになったのですか?
元々国内でも100倍以上のハイレバレッジを使用して取引をすることが可能でしたがハイレバでのトレードはそれだけ、相場の急変動時にリスクを背負います。
特に、日本国内のFXでは「追従なしのゼロカット」が存在しない為 相場の急変動によって元本以上の損失を被った場合その負債額を全額補填する義務をわたし達トレーダーは持っています。また米大統領選挙や英国のブレクジット問題、2015年に発生した「スイスフランショック」の影響はマーケットだけにとどまらずハイレバレッジでのトレードを行っていた個人トレーダー及び業者に多大な損失を発生させました。こういった観点からも「顧客のリスク保護」の観点からもレバレッジに緩やかながらも規制がかけられるようになったのが現状です。

 

現在日本国内ではレバレッジ制限により25倍までの上限が設けれられいますがそれは「個人口座」の場合です。

「法人口座」では

  • レバレッジは変動制
  • 最大で約50~100倍程度

 

のレバレッジを今でも使用することが可能となっています。

 

法人口座の変動制というのは具体的には「過去の相場の値動きに伴った変動制」です。

 

金融商品によってレバレッジ上限が異なる

 

派生になりますが、日本国内での取引では金融商品によってレバレッジ上限が異なってきます。

下記の表は具体的なCFD取引をした場合のレバレッジ倍率の早見表です

CFD取引のレバレッジ倍率早見表

最大レバレッジ倍率
株式5倍
株式指数10倍
商品・コモディティ20倍
債券50倍

表ではCFD取引を例にあげましたが、外国為替取引の25倍と比べても金融商品によって非常に多様なのが見て取れますね。

 

FXトレードを国内でハイレバレッジで行う方法

 

 

FXトレードは法律の規制からも上限である25倍でしか個人は行うことが出来ませんが、

その解決策として「ノックアウト・オプション」という金融商品がIG証券さんからリリースされています。

 

 

この「ノックアウト・オプション」は

  • 100倍以上の高いレバレッジ
  • 追証なしのリスク管理
  • 国内だから出来る優れた税金制度

 

のトレーダーファーストな3点の特徴を兼ね備えた非常に便利なものとなっており、

法人ではない「個人トレーダー」でも国内でハイレバレッジを活かした資金効率の良いトレードが出来るのが何よりの特徴です。

国内なのにハイレバレッジを使える理由
実際の質問内容とIG証券さんからの回答
日本国内のFXでは25倍までの制限を設けておりますがノックアウトオプションでは何故、大きな倍率での取引が可能なのか教えてください
通常FX取引は、実際に取引をしていただく総額の4%は必要証拠金として預けていただくこが
義務付けられているためレバレッジは最大で25倍までとなります。ノックアウトオプションは
"オプション取引"となり、FXとは異なる商品で仕組み自体も異なりますため、FXの規制対象には
該当しておりません。

 

本来であれば日本国内業者での為替トレードは日本の法律により最大倍率が決められています。

しかし、ノックアウトオプションは文字通り「オプション取引」に該当する

わたし達トレーダーも安心して柔軟なレバレッジ倍率で取引を行う事が可能となっています。

 

  • オプション取引ってそもそも何?
  • FXと違って難しいんじゃないの?
  • 使いこなせるか不安...

 

「オプション取引」と聞いて少し心配になる方も大丈夫。トレードシステム自体は非常に明白で

今までのFXトレードと同じような操作性で楽しむことが出来るようになっています。

実際に、

  • トレーダーとして使用した使用感
  • 気になる問題点と懸念点
  • 会社側に問い合わせたサポートの一部始終

 

をこのサイト上で公開しています。下記を参照ください。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事