海外FX税金のタイミングを『トレーダー』が解説します

 

海外FX業者を用いて取引を続けていると、利益が発生して年度を終える事も出てきますよね。そうするとどうしても疑問や懸念点が浮かぶのが「税金」の支払いタイミングでしょう。

 

  • 支払うタイミングはいつ?
  • どの位の金額から税金が発生するの?

 

 

SNS上で実際にトレーダーとしても活動しているわたしが、気になる税金のタイミングについて解説します。

 

   普段市況しているハッシュタグ

#たまには市況してもいいよねいいでしょ 

・オプション
・国債/金利
・チャート
・需給や強弱まで

画像やメディアに残しながら幅広く思考のカードを活かして市況しています。

確定申告の支払いが発生する金額

 

海外FXで利益が発生した場合、ご自身の社会的ステータスによって確定申告に必要な利益額が変わってきます。

確定申告早見表

社会的ステータス 税金発生金額
サラリーマンや企業就労者 20万円以上
主婦や専業トレーダー 38万円以上
表の通り
  • サラリーマンは20万円以上
  • 主婦や専業トレーダーは38万円以上

 

となっています。何故この金額が一定の目安になっているかと言うと、

厳密には海外FXの所得は「雑所得」に区分される為、雑所得区分での税金計算を行う必要があるからです。主婦の方達の38万円以上と言う金額は基礎控除を差し引いた上での区分です。

 

給与所得以外の所得合計額が20万円を超える場合は確定申告が必要となります。20万円ぴったりの場合は確定申告が必要ありませんが、20万を1円でも超えると確定申告が必要になります。

経費を差し引いた金額が適用される

 

区分は上記の通りですが、海外FXの利益にも「経費を差し引いた金額」が適用されます。ただし、FXに関する経費と言えばセミナー代位なモノで(厳密には取引手数料等)経費として計上出来るものは多くはありません。

 

従って純粋なトレードで獲得した利益そのものを目安として計上するのが無難でしょう。

 

 

税金の発生するタイミングについて

 

確定申告に必要な金額の水準を理解したとは思いますが

  • 厳密にトレードでいつ課税が発生するのか
  • 節税そのものを合法的に行えるのか

 

は気になる部分ですよね。次に税金の発生タイミングについて理解を深めていきましょう。

 

利益発生は取引決済時

 

 

FXではポジションの決済時に利益が発生した場合に課税対象となります。つまり、どれだけ長期間保有していたとしても含み益時点では課税にはならず、一連の取引を終えて

決済した場合に初めて税金の対象となるのです。ただし、ポジションを保有することで発生する「スワップポイント」については別々に考える必要があります

 

注意点

スワップポイントは業者によって利益が口座に発生するタイミングがポジションの決済時なのか日跨ぎが終わった後なのかで分かれる為課税のタイミングに注意が必要です。

 

年度のタイミングは1月から12月の一年間

 

 

殆どのプレイヤーにとって海外FXの法人は使っていないと思う為、ここでは「個人トレーダー」としての区分での年度について綴ります。

 

海外FXの課税は1月から12月の一年間が該当します。従って裏を返せば「その期間中に決済して利益が発生したものが課税対象になる」という事です。

どれだけ取引を重ねてもどれだけ損失が発生しても通算で損益計算が出来るのはこの1年間のみで年度を跨ぐ(来年)と通算は出来ません。

 

ポジションを保有したまま決済しないことで節税も可能

 

 

  • どうしても年度中に課税されたくない
  • 保有しているポジションが非常に有利だから手放したくない

 

と言った方もご安心を。上記に述べた通り決済時に利益確定が発生する為、決済さえ行わなければ合法的に節税を行うことが可能です。

これらで恩恵を得るプレイヤーの大半は

  • 中長期のスイングトレーダー
  • スワップポイントをメインとしたキャリートレーダー

 

だと思うので年末時点のポジションでは友好的に活用しましょう。ただし、スワップポイントの利益発生のタイミングについては留意が必須です。

 

仕組みを効率的に活用してトレードを進めよう

実際に使用して比べてみた海外FXボーナスを『トレーダー』が比較しました

 

トレードをする上で仕組みの理解は税金に限らず非常に重要です。

 

仕組みの理解を効率よく使うことでトレードをする以前の段階から「優位性やエッジ」を持って参画出来るといっても過言ではありません。

 

わたしがブログ上で全記録を公開しているトレードチャレンジ でも、そういった制度の仕組みを用いて行っていました。

トレードプランから手法の考え方までチャレンジの過程を記事にて全公開し
ツイッター上の画像を引用しながら

  • ポジションの構築理由
  • トレードする際に何をどう考えていたのか
  • 通貨ペアの選定理由
  • 日数毎のトレードプランやヴィジョン

 

考え方や戦略について触れて言及しながら
約1万文字の厚みのある記事になってしまいましたが記事を作成しています

実績そのものをネット上で公開していることからも

有償やダウンロードコンテンツ形式での販売は一切していません。
簡単な手順で全て無償での公開をしています。

===========================

各業者毎のボーナスを活用しながらトレードをより有意義に行いましょう。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事