アイフォレックスはスキャルピング禁止ですか?短期取引で気をつけること

 

 

 

短期トレードを繰り替えすプレイヤーにとって、スキャルピングが出来るかどうかは各業者の運営方針に大きく左右されます。

アイフォレックスも短期的な取引については推奨がされていないのもまた事実です。

 

 

  1. どうして業者毎にスキャルピングが認められないの?
  2. 具体的な対策方法が知りたい

 

 

そこには業者とわたし達の取引形態が強く影響しておりトレードシステムそのものに大きく関わっているのです。

 

 

 

 

元手を獲得しよう

当サイトでは、期間限定でiFORXのキャッシュバックキャンペーンを行っています。

一定の取引を満たした方に1万円相当の現金orアマゾンギフト券をプレゼント中!!
課題点や壁

取引で行き詰っている
の幅を増やしたい
どうやって考えていけばいいのかな?

貴方の悩みや課題に沿って解決していきませんか?

iFOREX(アイフォレックス)はスキャルピングは原則禁止

 

 

実際のiFOREXの規約にはスキャルピングは原則禁止されている事が規約内に盛り込まれています。

 

 

規約内容から抜粋

お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の
不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注
文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意し
ます。
これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、
価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての
不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もし
くは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適
切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。

 

 

 

短期取引をメインとする人にとってはかなり懸念するべきポイントになりますが、実際にはアイフォレックスが採用している「相対取引」という仕組みが大きく起因しています。

 

 

iFOREXはDD業者で相対取引を利用している

 

 

 

iFOREXを含めた多くの業者は相対取引を用いており、DD業者と呼ばれています。

 

相対取引とは何ですか?
相対取引とは、顧客の取引をそのトレーダーと業者間で行いポジションの管理及びインターバンク(金融市場)に流すか流さないかを各業者が管理する形態のことです。
これは国内の殆どの業者でも採用されているシステムでありそれは海外の多くの業者であっても変わりません。
わたし達の日々のトレードやポジションのオーダー自体を管理しているのは受け手とな業者になりますから、スキャルピング等の過度なトレードを行えばそれだけ負荷がかかります。
負荷がかかるという事はそれだけコストも労力もかかるだけではありません。
  1. 満足にポジションの管理が出来ない
  2. 結果的に業者の不利益になる

 

 

管理が上手く出来ないことで結果として業者側の不利益になってしまいますからだからこそスキャルピングを認めてはいないのですね。

 

 

現に、アイフォレックスだけでなく国内の最大手であってもスキャルピングの様な過度な取引を禁止しているFX会社は一定数存在します。

 

 

 

業者に嫌がられるスキャルピングの定義は何か?

 

 

 

スキャルピングの具体的な定義はそれこそ各FX会社の運営方針による為一概に言えませんが、相対取引を用いているという性質上、言い換えてしまえば「上手くカバーや管理さえ出来ればいい」と置き換える事も出来ます。では、過度な負荷を与える短期売買とはどのようなものを指すのでしょうか?

 

 

例1 数秒数十秒単位の浅い取引

 

 

一般的に秒スキャと呼ばれるやり方はどんな業者であれ手放しに喜べるものではありません。

 

仮にポジションの量が少ないとしても取引頻度が増加すればするほど、そのオーダーがシステム側に負荷をかけるのは言うまでもありませんね。

 

 

主にこのような秒スキャのロジックをEAや自動売買botを用いて使用される方が一定数いますが、そういった細かい取引もすぐに業者側で

 

  • 瞬間的なスプレッドの拡大
  • 注文のスリッページ

 

等の措置を起こして対策をしてきます。

 

 

重要なのは「運営側に負荷をかけるような取引をしないこと」

私達はFXトレーダーである前に取引を提供してくれている業者と互いの利益追求の為に締結しているビジネスパートナーなのです。

 

 

 

例2 非常に大きなロットでの短期売買

 

 

 

秒スキャの次にシステム側に負荷をかけるのが非常に大きなロットで短期売買を繰り返すことです。

 

わたし達のポジションを反対側に買い手や売り手がいる事で本来であれば始めて成立します。

 

相対取引の業者であっても満足に管理しきれないポジションはインターバンク(金融市場)でカバー取引を行う事でヘッジ等を行っています。

 

 

 

また、市場は流動性を常に伴って値動きを起こしています。

 

夜中は人がいなくなって閑散とするように、日本時間夕方以降やニューヨーク時間にかけて活発に動く様に

 

市場の流動性が伴うからこそ自分のポジションも満足に保有することが出来るのです。

 

 

数十万通貨、数百万通貨程度であれば比較的流動性の低い時間でも大丈夫ですが、

 

  • マイナー通貨ペア
  • 夜間や週明けの人の居ない時間

 

 

は数百万通貨であってもペアによっては流動性に影響を与えることは珍しいことではありません

 

 

そのような影響力のある取引ロットで、人の居ない時間に短期で回転を繰り返す事は、業者側にとってもカバーがやりにくくとても優良な顧客とは言えないのです。

 

 

 

FXでは板取引を可視化出来るツールが少ない為忘れてしまいがちですが、

 

 

常に反対側に相手がいる事で初めてポジションが取れる事を忘れてはいけません。

 

 

 

他の業者も取り入れて差別化を測ろう

 

 

海外FX業者は各運営方針毎に

 

  1. 取引ボーナス
  2. レバレッジ倍率
  3. 短期売買の許可

 

 

まで実に様々です。

 

だからこそ、複数の口座を使い分ける事は自分のトレードの幅を広げる「武器」へと直結します。

 

実際に使用して比べてみた海外FXボーナスを『トレーダー』が比較しました

 

 

 

仕組みの理解を効率よく使うことでトレードをする以前の段階から「優位性やエッジ」を持って参画出来るといっても過言ではありません。

 

わたしがブログ上で全記録を公開しているトレードチャレンジ でも、そういった制度の仕組みを用いて行っていました。

トレードプランから手法の考え方までチャレンジの過程を記事にて全公開し
ツイッター上の画像を引用しながら

  • ポジションの構築理由
  • トレードする際に何をどう考えていたのか
  • 通貨ペアの選定理由
  • 日数毎のトレードプランやヴィジョン

 

考え方や戦略について触れて言及しながら
約1万文字の厚みのある記事になってしまいましたが記事を作成しています

実績そのものをネット上で公開していることからも

有償やダウンロードコンテンツ形式での販売は一切していません。
簡単な手順で全て無償での公開をしています。

===========================

 

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事