うるてぃあすたいる

FXと利益~大切なのは値幅(pips)より金額~

calendar

reload

FXと利益~大切なのは値幅(pips)より金額~

FXでトレードをする上で大切な利益。

ですが必要以上に値幅(pips)に拘っていませんか?

 

重要なのは金額

 

 

当たり前のことですが、トレードで利益を求めるに当たって何を一番重要視しているかを
明確にすることは非常に大切です。

為替や株式・指数・仮想通貨、どの市場であれ殆どのプレイヤーの目的は、

利益額という【金額】を求めて日々トレードを行っているはずです。

自分の資本が+になるために頑張っている方が大半だと思います。

しかし、それがいつのころからか

「○○万円幅抜いた!」
「+数十pips!」

というように値幅ばかりに拘り酔いしれてはいませんか?

これでは本末転倒です。

 

第一目的が「獲得する値幅に酔いしれる事」になってはもはや目的がすり替わってしまっています。

 

大切なのは資本に対する割合

 

利益を追求するに当たって重要なのは「金額」と記しましたが、

一番大切なのはその利益=金額が資本に対してどれだけの
割合を示しているかという
ことです。

千円も一万円も同じ『価値』。

以前書いた記事でもあるように icon-share-square-o   

大切なのは「資本に対する割合」であって【金額の大小ではありません】

一般的に金額が大きくなればなるほど
すごい!!といった羨望の眼が強くなる傾向にありますが

ここで資本に対する割合で考えてみましょう。

仮に100万円の利益を得たとします。

しかし、これが1億円の元手での利益だった場合
資本に占める割合は【1%】です。
例えるなら100万円の元手で1万円の利益を得る事と
0の大きさが違うだけで違いは一切ありません。

逆に、100万円の元手で100万円の利益を得た場合は
資本の100%に値するため非常に素晴らしいパフォーマンスであると言えます。

一般的に金額の大小ばかりに目が行きがちで

資本に対していくらの割合でパフォーマンスが出せているか
を客観的に考えている人はとても少ないです。

大切なのは0の大きさでも金額の大きさでも断じてありません。

1万円を5万円にすることは、1円でも100円でも資本を増加させること
本来とてもとてもすごく、尊いことです。

この感覚を、決してないがしろにしてはいけません。

レバレッジの活かし方

 

利益を追求するに当たって値幅よりも金額、
資本に対する割合に重きを置いて綴ってきましたが

ここで重要なのがレバレッジの活かし方です。

レバレッジも一般的にハイレバは危ない!というイメージが
色濃いですが重要なのはハイレバといった倍率の問題ではなく

やはり「資本に対する割合」という思考に集約されていきます。

 

どれだけ低倍率でもレバレッジを上限まで使役し
損失幅を拡大し続けているのでは、全く美しくありません。

レバレッジというのはあくまで「権利」なだけであってそれをどう活かすかは
全て私達に委ねられているからです。

【FX】レバレッジの上手な使い方と仕組み

例えば
1万通貨で1円幅抜いたとしましょう。

1円幅=100pipsなので利益は1万円ですが、

これが10万通貨なら
0.1円幅=10pipsで1万円です。
100万通貨なら10pipsで10万円です。

客観的に考えて通貨のロットが大きくなれば当然金額の大きさも変わってきます。
改めて値幅をしつこく追い求めることが本当に大切でしょうか。

より大切なことがきっとあるはずです。

より効率的なトレードと視野を

 

pipsよりも金額や割合の重用性についてお話しましたが
それは何よりわたしが実感していることであり実践していることです。
この思考を活かして資本金を大きくするチャレンジ icon-share-square 

XMのハイレバトレードで20万円を1週間で1000万円にしたやり方まとめ

を過去にやっておりトレードの一部始終を記載してあります。

見てもらえれば分かると思うのですが始めた当初の元手も、膨大に大きいモノでは一切ありません。

レバレッジの使い方から値幅の取り方
資本に対する割合。利益に対する重み。

改めて見つめなおすきっかけになれたかな。と今でも思っています。
さて、最後は質問形式で締めくくろうと思います。

あなたにとって「利益」とは一体なんですか?

The following two tabs change content below.
うるてぃあ
株とFXを経て今は仮想通貨メインにやっています。 投資は『チェスのように』 1番の資本は『時間』がMy Style