NYオプションカットとは、外国為替市場の「通貨オプション」の権利行使の最終締め切り時間を指しています。

カットオフタイムとも呼ばれ、日本時間の夏時間は23時、冬時間は24時にほぼ毎日権利行使のオプションが存在しています。

NYオプションカット時のレート価格によって構成されたオプション建玉の利益や損失が大きく異なってくる為非常に重要な
ファクターの一種となっているのです。

 

NYオプションカットの建玉について

まず初めに簡単にNYオプションカットの建玉について把握をしましょう。

NYオプションカットは文字通り「オプション建玉」の決済を行います。

オプションとは

 

  • コール(買う権利の)オプション
  • プット(売る権利の)オプション

 

の2種類のオプションが存在し、その「オプションの権利」を取引します。

  1. コールオプション(買う権利)の買い
  2. コールオプション(買う権利)の売り
  3. プットオプション(売る権利)の買い
  4. プットオプション(売る権利)の売り

 

 

普段からロング(買い)とショート(売り)で判断していると頭がこんがらがりやすいですが、
一番分かりやすくまとめるとしたら、

 

  • 普段のトレードは買いと売りの「方向性の取引」
  • オプショントレードは買いと売りの「権利の取引」

 

とイメージすると差別化と理解がしやすいです。

つまり、NYオプションでは

コール(買う権利)とプット(売る権利)の「権利」をかけて買い手と売り手に分かれて争い、取引がされているのです。

  • より詳しくオプションの仕組みを把握したい
  • オプション取引に興味がある

 

と言う方は「オプション道場」さんのサイトを軽く目を通すだけでも十分基礎知識を養う事が可能なので
より理解を深めましょう。

 

  公開元:オプション道場さん

 

 

権利行使をかけて「思惑」のある値動きを伴う

オプションは置き換えるなら「レートの権利の取引」です。その為、レートや需給によって為替市場の値動きに非常に思惑を伴うことがあります。

ツイッターに載せていた実際のオプション建玉の画像

オプションの建玉は置き換えるなら「板取引の板」のようなモノです。

コールオプションでもプットオプションでも、ポジションと反対側の方向へレートが動けば損失となり利益にはなりません。

その為、自分達の構成したポジションをより優位な方向へ動かす圧力を生み出す力となります。

 

一般的に板取引の板が厚い=壁がある=抵抗帯が大きい

と言われるようにNYオプションの建玉も「レートの厚み」となって現れ抵抗価格として機能し、値動きに「思惑」を整えるようになるのです。

 

NYオプションカットの値動きや仕掛けの傾向

 

板(オプションの建玉量)が大きければそのレートを超えた際に損失を被る人達が沢山増えることになりますから、

当然そのポジションを護ろうとする人達が多くなります。

反対に、板(オプションの建玉量)が小さければそのレートを超えた際に損失を被る人達は少ないことに繋がりますから、

仕掛けや狩りの対象になることもあります。

勿論、板が大きいからと言って必ずしも鵜呑みにするわけでなく、

 

  • 毎日の経済指標
  • 突発時なファンダメンタル
  • リスクオフやリスクオン

 

によってオプション建玉が大きくても崩されることもある為注意が必要です。

つまりNYオプションカット全体の値動きの傾向性としては

「オプションの建玉量や時間進行によって非常にレートが左右される傾向にある」という事に他なりません。

 

 

時間と値動きの関連性について

冒頭で述べているようにNYオプションカットは毎日日本時間24時(夏時間は23時)に行われます。

市場の参加者達は個人のトレーダーと同じように常に買い手と売り手に分かれ、思惑を伴った値動きをしている為

カットオフタイムに向けてその「思惑」もより色濃いモノとなっていきます。

上記の投稿内容が非常に分かりやすいですが、

カットオフタイムに近づけば近づく程オプションのポジションをかけて「仕掛け」を誘発します。

 

どうしてカットオフタイムに近づく程「仕掛け」や「思惑」が増えるの?

市場は常に買い手と売り手に分かれており、オプション取引も例外ではありません。

その為、「如何にして反対勢力のポジションを狩り取るか?」「自分達のポジションを守るか?」
という所に焦点が合っていきます。

ですから、オプション満期時間であるカットオフタイムまで
「相手のポジションを崩したい」「自分のポジションを守りたい」
人達が多くなることによって、より値動きの色を伴うようになる傾向があります。

 

また、カットオフタイム後はポジションを守る人達も争う人達もいなくなることから
より「レートに対する仕掛け」が活発になりやすい傾向にあります。

 

これによりカットオフタイム前のみならず、カットオフタイム後の値動きも非常に重要な「仕掛け」タイミングの1つとなり

相場が大きく動くorレートをブレイクする機会になることが多いことは言うまでもありません。

 

 

そしてカットオフタイム後は大きなポジションが減少することから、「個人トレーダーのオーダー」が狙われてく傾向も強いです。

 

 

ミセスワタナベと呼ばれる日本人トレーダーも例外ではない icon-external-link わたし達日本の個人トレーダー達がいかに大きな影響力を持っているかも
間接的に理解することが出来ます。

 

このようにNYオプションの建玉量のみならず、「時間進行」という要素はトレードを行う上で非常に大切な要因の一つとたらしめているのです。

 

NYオプションカット考察のメリット

 

NYオプションカット、引いては「オプションの考察」をすることはチャートだけでは
測れない思惑や意図を読み取る上で非常に重宝するものです。

チャートだけは測れない、読み取ることの難しいことも頭の角度を変えることで
大きなメリットとして自分に享受することが出来ます。

勿論、NYオプションカットのみならず

  • 通貨強弱や需給
  • 国債やイールドカーブ
  • 個人トレーダーのオーダー

 

からも豊かな考察が可能です。

下記はそんな代表的ツールの一覧です。より理解と知識を増やしてトレードに効率良く活かしましょう。

 

①一日の為替相場の見通しがある程度測れる

 

オプション考察をする上での特徴の一つが「一日の値動きの見通し」が間接的に汲み取れるということです。

外国為替市場では「オプション取引」の思惑により値動きを催すことは珍しいことではありません。

買い手と売り手、双方の思惑に乗っ取りながら時としてレートは大きく変動します。

 

実際にオプションの建玉量でレートや需給を考察することでチャートだけでは判断することの出来ない、
より筋道立った値動きをクリアにイメージすることも可能なのです。

無論、ここで大切なのは上下のあてっこを当てることでは断じてありません。

②通貨の仕掛けタイミングやレートの思惑を読み取れる

 

オプション取引では

  • 相手のポジションを崩す人
  • 自分達をポジションを守る人

 

の2通りがいるといいましたが、
「思惑」や「仕掛け」というのはある程度市場の「空気」や「足並み」を揃えないと旨味がありません。

極端なイメージですが日本時間の早朝にいきなりレートを跳ね飛ばしても

 

  • 市場の参加者が少ない
  • 市場のポジションも少ない

 

ことからもあまり利点がありませんよね。(フラッシュクラッシュや個人オーダーを狙った仕掛けは除く)

ですから「いつ、どのタイミングで?」と言う要素が重要なキーになってきます。

そういった観点からも

  • 現在のレートの推移
  • 今日(毎日の)経済指標の存在
  • ロンドン時間やNY時間の市場の変わり目のタイミング

 

である程度しかけてくるタイミング。即ちチャートからだけでは読み取ることの出来ない「思惑」が汲み取れることが大きな利点の一種です。
こちらも同様に、上下の当てっこを考察することでは断じてありません。

③オプションバリアの存在を把握出来る

 

オプション・バリアとは、NYオプションの建玉の大小によって構成される特定価格帯のレートの厚みのことを示しており、

上記で述べてきた「思惑」と相まって時間経過をするに当たって市場の値動きの動向を左右する非常に重要な要素となっています。

このオプションバリアの推移によって市場の仕掛けが左右される事も珍しいことではないからです。

 

  • オプションバリアを把握するメリットは?
  • 市場にどう影響するの?
  • 実際のトレードでの活かし方は?

 

という疑問も

オプションバリアに関する理解と知識を深めてチャートだけでは判断出来ない「思惑」をより一層トレードで活かしましょう

 

これらのようにNYオプションを考察するという事は機関投資家やその他大多数の動向を探れる

私達個人トレーダーにとっても非常に有益なツールの一種となっているのです。

 

 

チャートだけでは読み取れない「思惑」を理解するということ

 

トレードは決してチャートだけで判断出来るものではありません。
作中で何度も「思惑」という単語を使役してきましたが、

テクニカルだけでなく「NYオプションカット」という一つのベクトルからでさえ

非常に異なる視点から思考を張り巡らせることが可能なのは先の文章からも容易に理解が出来るはずです。

上記で挙げた例は思考を豊かにするための一例に過ぎません。

そして何より、頭を使って楽しむという『心のパフォーマンスを最適化する』ことに繋げることは
中長期的にみてトレードだけに留まらずどの分野であれ応用が効くことでもあります。

 

わたしがブログ上で全記録を公開しているトレードチャレンジ  でも、
この思考回路種類を多岐に渡って使い分けながら複数の種類を用いてトレードに取り組んでいました。

ツイッター上の画像を引用しながら

  • ポジションの構築理由
  • トレードする際に何をどう考えていたのか
  • 通貨ペアの選定理由
  • 日数毎のトレードプランやヴィジョン

考え方や戦略について触れて言及しながら
約1万文字の厚みのある記事になってしまいましたが記事を作成しています

実績そのものをネット上で公開していることからも

有償やダウンロードコンテンツ形式での販売は一切していません。
簡単な手順で全て無償での公開をしています。

===========================
【実際に読んで頂いた方達からの感想のメッセージ】

上記の通り、

  • これから新しくXMでトレードを始める方(口座をお持ちでない方)
  • 普段XMでトレードをしている方

どちらの方にも満足に読んで頂けるように構成しています。

  関連記事:【全公開】XMハイレバFXトレードで20万円を1週間で1000万円にした手法まとめ

あなただけのトレードスタイルを確立して、より良いトレードライフを送りましょう✨

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事