【思惑】オプションバリアとFXの関係と活かし方

 

オプションバリアとは、オプショントレード用語の一種であり特定レート帯で条件の執行がなされる価格帯のこと
を示しています。

 

「100円の価格に到達した場合権利が消失する」

といったオプションポジションが存在する場合、その量が多くなればなるほど
100円価格に到達させない用にレートに厚みを伴います。

 

この、護るように厚くなる特定レートを「バリア」と呼びます。

 

  • オプションバリアを把握するメリットは?
  • 市場にどう影響するの?
  • 実際のトレードでの活かし方は?

 

という疑問もこれで解決。

オプションに関する理解と知識を深めてチャートだけでは判断出来ない「思惑」をトレードで活かしましょう

普段市況しているハッシュタグ

#たまには市況してもいいよねいいでしょ 

・オプション
・国債/金利
・チャート
・需給や強弱まで

画像やメディアに残しながら幅広く思考のカードを活かして市況しています。

 

オプションバリアについて

①バリアとはレートの「厚み」

はじめに簡単な仕組みについて理解しましょう。

オプションとは

 

  • コール(買う権利の)オプション
  • プット(売る権利の)オプション

 

の2種類が存在し、その「オプションの権利」を取引します。

  1. コールオプション(買う権利)の買い
  2. コールオプション(買う権利)の売り
  3. プットオプション(売る権利)の買い
  4. プットオプション(売る権利)の売り

 

 

普段からロング(買い)とショート(売り)で判断していると頭がこんがらがりやすいですが、
一番分かりやすくまとめるとしたら、

 

  • 普段のトレードは買いと売りの「方向性の取引」
  • オプショントレードは買いと売りの「権利の取引」

 

とイメージすると差別化と理解がしやすいです。

つまり、オプションバリアとは
コール(買う権利)とプット(売る権利)の「権利」をかけて買い手と売り手に分かれて争い
オプション建玉によって構成された特定価格帯のレートの厚みを指します。

 

  • より詳しくオプションの仕組みを把握したい
  • オプション取引に興味がある

 

と言う方は「オプション道場」さんのサイトを軽く目を通すだけでも十分基礎知識を養う事が可能なので
より理解を深めましょう。

 

公開元:オプション道場さん

②NYオプションによって構成される

 

外国為替市場における「オプションバリア」は、その殆どが「NYオプション」によって構成されています。

NYオプションの満期日はほぼ毎日存在しており、

毎日

  • 夏時間は午前23時
  • 冬時間は午前24時

カットオフタイムと呼ばれる権利執行が存在します。

カットオフタイムって何?
オプション取引は通常のFXトレードと違い「満期日」=制限時間が存在します。
その為、満期日のレートによって損益の決済等も行われる為ポジションを持つ人が多ければ多いほど
「オプションバリア」の存在が満期日までのレートへの影響として非常に大きくなっていきます。

 

  • より詳しくNYオプションについて知りたい
  • トレードにどういうメリットがあるの?

 

と気になる方は、
NYオプションカットに関する理解と知識を深めてトレードの幅を広げましょう。

③オプションバリアを突破するとどうなるの?

 

オプションバリアとは「レートの厚み」と表現しましたが、

より砕けていうなら「そのレートを突破すると権利(ポジション)が消滅する(損失)」為バリアの存在が発生しています。

つまりバリアを突破するという事は

  • 権利消滅(または損失により)そのレートを護る必要が無くなる
  • 個人のポジションを燃料にする
  • 損切や買戻しが大きく入りやすくなる

 

為、レートが軽くなり値動きが大きくなりやすい傾向にあります。

バリア・オプションとノックアウト・オプション

【POINT】バリアオプション

オプション取引の中には、「特定の条件や制限のある取引」が存在します。
「バリア・オプション(別名エキゾチック・オプション等とも呼ぶ)」もその一種で、原資産価格(レート)が特定の価格に到達すると権利が消滅するオプションを「ノックアウト・オプション」と呼ぶこともあります

 

オプションバリアを突破するということは「ノックアウト」すると言い換えることが出来、
そのため、「ノックアウト」をさせないようにレートを操作して攻防が起きやすくなります。

【期間限定!】キャッシュバックキャンペーン中

 

オプションバリア情報の観測の仕方

 

上記で述べた通りオプションバリアとはオプション建玉の「レート帯の厚み」を示しており、

国内証券会社等でも定期的に情報を記載しています。

実際の国内証券会社のオプション観測一例

 

しかし、実際に国内業者が公表している情報は

 

  • 満期日の日程がバラバラ
  • 具体的な建玉量を記載しない
  • そもそも表記が分かりにくい・読みにくい

 

ことが珍しくありません。

その為、実際に毎日のオプションバリアを観測したい場合には

下記のようなサイトを参照することで

 

  • 毎日のオプション建玉を
  • 各通貨毎に
  • レート毎に

スムーズに把握することが可能です。

 

  公開元:forexlive NY CUT OPTIONさん

 

 

その他にも

  • 通貨ペアの需給&強弱
  • オプションポジション考察
  • 国債や金利のイールドカーブ

 

まで、チャートだけでは識別出来ないトレードで有効&有名なツールを記載しています。

「トレーダー目線」で実際の使用イメージも載せているので自分のスタイルに合うものを
取り入れてより視野と世界を昇華しましょう。

 

オプションバリアのFXトレードの3つの「思惑」

 

 

オプションバリア、総じてオプション取引を実際のFXトレードで活かすには
その「思惑」を把握し、活かすことが非常に重要です。

そんなオプションの「思惑」を特筆すべき性質毎に把握しましょう。

①カットオフタイム前後の「思惑」を汲み取る

 

カットオフタイムはオプションバリアにとっても非常に重要なファクターの1つです。

満期日にかけて

  • 如何に相手のポジションを崩すか
  • 如何に有利にポジションを護るか

 

といった戦いがより露骨に、そして顕著になる傾向にあるからです。

実際の当時のオプションバリアとレート。112.00に1.9billion のバリアが存在

カットオフタイム後

実際のカットオフタイム前後のチャート

 

上記の一連の流れからも分かるように重要なのは「カットオフタイム」だけでなく、

「カットオフタイム後」の動きにも密接に結びついていきます。

  • オプションバリアが消滅することでレートはどうなるのか
  • 個人オーダーの推移はどうなっているのか

 

といった具体にレートそのものが「軽くなる」(オプションの思惑が消滅するから)ので
より仕掛けや思惑が露骨にレートに反映されることも少なくありません。

それを逆手にとることで、よりトレードに「色」を帯びたやり取りが可能です。

②レートを引き離す仕掛けの「思惑」の存在

 

重要なのはカットオフタイムだけではありません。

オプションバリアの存在というのはレートの厚みである以上にそこに介在する「思惑の多さ」を示しています。

つまり、そのレートで有利に仕掛けたい人達=「崩しの思惑」が存在するということです。

 

  • 如何にして有利レートを構築するか
  • どのタイミングで仕掛けてくるのか
  • 何時なら崩しやすいか

 

そういった観点からも「思惑」を読み取ることは十二分に可能です。

当時のオプション考察。ロンドン時間に1.140の勢力の仕掛けや思惑があると判断。

 

実際の値動き

上記からも分かるように、

オプションバリアの存在とレート推移は非常に密接な関係を持っています。

板の厚さ=「思惑の多さ」ですから、そのオプションバリアを構成するプレイヤーの心理を読み取る事で
より円滑にトレードに理論や根拠を持たせて取引することが可能です。

③バリア通過後の攻めの「思惑」

 

USD/JPY 110.15に1.0billion,110.10に約700Mの建玉

カットオフタイムまでの値動き

 

 

オプション通過後の攻めの「思惑」も非常に重要です。上記の考察や仕組みからも理解出来るように

  • カットオフタイムまでの値動き
  • カットオフタイムあとの値動き

 

がオプションの突破によって大きく左右されるからです。
つまり突破すればより一層「思惑」が露骨になり、分かりやすくなる傾向にあるとも形容出来ますね。

「思惑」を把握し、三次元的思考をトレードに活かそう

 

トレードは決してチャートだけで判断出来るものではありません。

「オプション考察」は正にその思考の一種であり

チャートという二次元的な要素だけでは汲み取れない

  • 思惑
  • 時間
  • 仕掛け

 

と言った要素を活かして「三次元的解釈で」よりトレードの視野を広げることは
思考を豊かにする重要なファクターです。

オプション・バリアのノックアウトを活かしたトレードスタイルの確立

オプションバリアについての思惑や仕組みについて理解が深めた上で実際にその性質を活かしたトレードスタイルを確立するのも
トレードの楽しさの一種です。

冒頭述べたように、オプション・バリアとは「ノック・アウトオプション」という種類に属しますが
実際に個人トレーダーであるわたし達でも同じようにノックアウト・オプションを使用することが可能です。

厳密には国内会社ではIG証券でのみノックアウト形式のトレードを行うことが可能で

 

  • 国内だから可能な税金制度
  • 約200倍のハイレバレッジが可能
  • 借金(追証)なしのシステム

 

という、今までの国内FXトレードではなかったような個人トレーダーにメリットの恩恵の多い柔軟なシステムを取り入れています。

 

 

実際にノックアウトオプションをどう使うか?は個人個人スタイルが分かられると思いますが、

「オプションバリア」に関する知識と理解を深めた今なら

建玉やレートの「厚み」そしてその「思惑」を十二分に応用して

NYオプションのトレーダー達と同じ視点でトレードをすることもオプション・バリアを活かせるトレードスタイルの一種です。

 

  • どうしてそんな高い倍率で国内トレードが出来るの?
  • 興味があるから仕組みが知りたい
  • それ、本当に国内?グレーじゃないの?

 

と思う方は、実際にIG証券カスタマーに問い合わせて頂いた回答も合わせて
仕組みと「トレーダー目線」の疑問点や懸念点も記載&網羅した記事を参照ください

 

オプションバリアというレートの「思惑」を利用したトレードでより視界をクリアにしましょう。

口座開設だけで!今なら【期間限定キャッシュバック】付き

多様な考え方を用いて、トレードの幅を広げるということ

 

チャートやオプション考察、ノックアウトオプションの利用といったトレードの幅を
広げるほんの一例にすぎません。

頭を使って楽しむという『心のパフォーマンスを最適化する』ことに繋げることは


中長期的にみてトレードだけに留まらずどの分野であれ応用が効き

自分自身の思考をよりクリアに、より彩ることにも直結する非常に美しいことです。

わたしがブログ上で全記録を公開しているトレードチャレンジ  でも、
思考回路種類を多岐に渡って使い分けることを意識しながらながら複数の種類を用いてトレードに取り組んでいました

 

トレードプランから手法の考え方までチャレンジの過程を記事にて全公開し
ツイッター上の画像を引用しながら

  • ポジションの構築理由
  • トレードする際に何をどう考えていたのか
  • 通貨ペアの選定理由
  • 日数毎のトレードプランやヴィジョン

考え方や戦略について触れて言及しながら
約1万文字の厚みのある記事になってしまいましたが記事を作成しています

実績そのものをネット上で公開していることからも

有償やダウンロードコンテンツ形式での販売は一切していません。
簡単な手順で全て無償での公開をしています。

===========================

各業者毎のボーナスを活用しながらトレードをより有意義に行いましょう。

  関連記事:【全公開】XMハイレバFXトレードで20万円を1週間で1000万円にした手法まとめ

あなただけのトレードスタイルを確立して、より良いトレードライフを送りましょう✨

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事