うるてぃあすたいる

解説!【NAGA Coin】って何?

calendar

reload

解説!【NAGA Coin】って何?
はじめに
「NAGA Coin」という仮想通貨。

この通貨は日本の方にはあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、海外では有名な仮想通貨の一種です。

今回はNAGA Coinについて説明していきます!

 

通貨名称NAGA Coin(NGC)
総発行枚数4億 NGC
公式サイト icon-wrenchNAGA Coin
公式Twitter icon-twitterTHE NAGA ICO

 

NAGA COIN は NAGAというドイツのフィンテック企業により作成されています。
このNAGAという企業自体、かなりの安定力を誇っていて
2017年7月にドイツの証券取引所に上場してから

株価が公開日よりわずか半年で五倍近くに跳ね上がっています。

仮想通貨の世界では数倍、10倍は当たり前!のような風潮がありますが、
元々私は株式をやっていたのですが株の世界では数倍はおろか2倍になるだけでもすごいことなのです。

上場して半年足らずで株価が5倍というのはそれだけ安定感や、期待感がある証といって過言ではありません。

 

既に使用されている取引用SNS

 

NAGA COIN を作っているNAGAグループのトップ商品の一つに
swipestox icon-external-link という総合トレード用のSNSがあります。
このプラットフォームを介して既に毎月数十万ユーロの取引が行われています。

日本の株やFXの世界で例えるならDMMやSBIのようなポジションでしょうか。

このサービス上での基本的な基軸通貨がNGCです。
(基軸通貨統合は2018年5月見込み)

もう既に実装されているということ。
既にトレーダー達によって取引が活発に行われていること。

以上の理由からこれからユーザーが増え
れば増える度その価値は高まっていくので
非常に実用的である
といえるでしょう。

仮想アイテムの総合取引所

 

NAGAグループではNAGA Coinを通じて
switex icon-external-link という仮想アイテムの総合取引所を
ブロックチェーン上で作ろうとしています。

分かりやすく言えば今の「Steam」のアイテムマーケットです。

 

画像のようにSteam上のマーケットではユーザー達が様々なゲームに自分達で値段を定め売買出来るシステムがあります。

これをブロックチェーン上で実装することでよりセキュリティ、利便性に特化した
アイテム取引所を作ろうとしているのが「switex」なのです。

ロジャー・バー氏がアドバイザー

 

 

 

これには非常に驚かれる方もいるのではないでしょうか。
ロジャー・バー氏と言えば仮想通貨の世界では有名中の有名人。

一度は名前を耳にしたことがある人も多いはずです。

仮想通貨のプロジェクトでは不透明な組織や内容が多い中

アドバイザーに著名人がいるということはブランドの安心感、安定感、信頼感
に繋がります。

そこもNAGAグループが安定していると言われる所以でしょう。

 

価格の推移

 

ICO時は1ドルの価格だったのが、ここ最近の相場も流れもあってか
めきめきと値を伸ばしつつあります。

 

 

 

 

 

どこで買えるの?

 

NAGA Coin は現状HitBTCでのみ購入することが出来ます

 

ただし、今後取引所が増加することが正式に決まっているので
(BinanceやBittrexにも上場見込みと発言しています。)

他の取引所に上場する前に保有することでトレードに差を
付けることが可能です。

おわりに

 

プロジェクトを進めるにあたり、信頼感や安定感というのは
非常に大切なものです。

証券取引所にも上場しておりアドバイザーもしっかりとしている。
なおかつ既にかなりのトレーダーが使用しているSNS上でNGCを統合
する点も評価の高いポイントです。

取引所が独占状態の今検討してみてはいかがでしょうか。

それでは良い仮想通貨Lifeを!!

NAGA Coinが購入できる取引所HitBTCはこちら  icon-chevron-circle-down 

 

画像で簡単!HitBTC登録・使用方法はコチラ icon-arrow-down

簡単!HitBTC登録・開設!

The following two tabs change content below.
うるてぃあ
株とFXを経て今は仮想通貨メインにやっています。 投資は『チェスのように』 1番の資本は『時間』がMy Style