うるてぃあすたいる

【相場観測Target1】 リップルとステラの規則性

calendar

reload

【相場観測Target1】 リップルとステラの規則性
Target観測とは?

Target観測とは、相場のチャートや通貨の性能、性質を統計的に判断し

客観的な意見を述べるコーナーです!

 
 

記念すべき第一段はリップル(XRP)とステラ(XLM)の関係性について

LOCK ON していきます!

 

リップル(Ripple)って?

 まずは本当に簡単に通貨の説明をしていきます

リップルは国境を問わない、国際的な送金や決済インフラを
創ることを目的としています。

リップル(Ripple)のシステム上で「XRP」という通貨を用いて取引します。

イメージ的には『Ripple』という市場の中で使われるお金が『XRP』
というイメージで構いません。

また、
大手金融機関や銀行といった大企業に注力しています

 

 

ステラ(Stellar)って?

ステラはリップルのシステムをベースに作られています。

リップルと同じで国境を問わない、国際的な送金や決済インフラを
創ることを目的としています。

ステラ(Stellar)のシステム上で「XLM」という通貨を用いて取引をします。

イメージ的には『Stellar』という市場の中で使われるお金が『XLM』
というイメージで構いません。

 

ステラはリップルと違い

民間や、個人の人達に注力しています。

ここが一番の大きな違いですね。

例えるならSonyの『PS4』と任天堂の『Wii』のような
似ているけれど狙っているニーズがちょっと違うのが
リップルとステラなのです。

 

チャートの類似性

 

まずはチャートを見てみましょう
左がリップル、右がステラのチャートです 

 icon-wrench チャートはTradingViewで作成しました icon-wrench 

観ていてすぐ気づくと思いますが

値動きの仕方がすごい似ています
同じチャート?と思ってしまうくらい類似していますね。

同じシステムをベースにしているのもあるかと思いますが、

XRPの動きに比例するようにXLMも動く

のが今の相場での最大の特徴と言えるでしょう。

まとめ

この類似性がいつまで続くかはもちろん誰にもわかりませんが、

最近ではリップルの高騰、銀行提携のニュース等リップル自体のメディア
への露出も益々高くなっています。

・リップルと同じような銘柄はないかな。
・分散投資をしてみたいな。
・あまり有名じゃない銘柄に投資してみたい!

という方は一考の余地があるのではないでしょうか。

リップル、ステラ共に取引所Binanceで購入することが出来ます。

取引所間の移動もなくて非常にストレスフリーなので
気になった方は是非お使いください!

それでは皆様良い仮想通貨Lifeを!

 

Binance公式サイトはこちら icon-share

画像で簡単!登録方法はこちら↓

簡単!Binance登録・開設!

The following two tabs change content below.
うるてぃあ
株とFXを経て今は仮想通貨メインにやっています。 投資は『チェスのように』 1番の資本は『時間』がMy Style