うるてぃあすたいる

仮想通貨短期トレードの上手くなる基本

calendar

はじめに

わたし達が仮想通貨トレードによって利益を得る方法は主に2つ。

「安く買って、高く売る」
「高く売って、安く買う」

です。では、この仮想通貨の『値段』というのはどうやって決まっていくのでしょうか。

『短期売買トレードの基本』に焦点を当てていきます。

仮想通貨の値段は市場が決める

 

仮想通貨の値段はトレードしている私達の『市場』で値段が決定されていきます。

買いたい人が多ければ値段は上がる
売りたい人が多ければ値段は下がる

至って当然のことですよね。

裏を返せば

どれだけ質の良いモノでも、
売りたい人が多ければ値段は下がる

どれだけ質の良くないモノでも、
買いたい人が多ければ値段は上がる

と言い換えることも出来ます。

この『買いたい人』『売りたい人』その市場での大きさの流れを可視化出来るのが

『チャート』なのです。

 

短期売買でのチャートの大切さ

 

チャートというのは直近から数か月、数年前まで
その通貨の値段と市場での流れを可視化できる非常に重要なツールです。

投資の種類(長期や短期、投機か投資)でも重要性は大なり小なり変わってきますが、
一貫して言えることは

直近の値動きはチャートによる影響が圧倒的に大きい。

ということです。
当然ですよね。その時その時の相場での流れを示しているのですから。

つまり短い時間で売買を繰り返す短期売買では
チャートというものが非常に大きな力を発揮するのです。また、

逆説的に
チャートが読めない=相場の流れを掴むことが出来ない

ことも意味することになります。

仕事で例えるなら、

プログラマーですがプログラムは書けないです!
営業職ですがコミュニケーション能力はありません!

と自分で示しているようのものです。そんな方にお仕事を頼みたいとは殆どの人は思わないですよね。

それほど
その場の相場の流れを読めるか読めないかは短期売買でトレードするにあたって
大切なこと・当たり前のこと
なのです。

 

短期売買をする人達

 

短期売買をする人達の中でも種類の組み分けが出来ると思います。

  1. 何もわからないまま流れと雰囲気で売買する人
  2. 買い煽りや売り煽り、相場の急な変動で売買する人
  3. 相場の流れを読み取りながら売買を行う人

単純に大きく組み分けても3通りありますよね。
単純にこの中で一番勝負に勝てる『期待値が高そうな人』はどのタイプだと思いますか?

間違いなく3番目のタイプですよね。

相場の流れを読めるのは、

先ほどの仕事の例えと同様に出来て初めて
真剣勝負の土俵に立つことが出来るとも言えます。

短期売買する人達だけでもこれだけ組分けることが出来るのですね。

相場の流れを読み取れる=チャートの流れを見れる

というのは真剣勝負の土俵に立つことが出来ると同時に

他のプレイヤーよりも
アドバンテージが高い状態からトレードを行うことが出来る

ということを意味することにもなるのです。

おわりに

 

中期、長期とは別に短期売買にとってチャートを読めるということは非常に大切なことです。

現物取引であってもビットコインFXでも全く同じです。

『物事の本質や仕組みを理解する』

この力こそが
チャート引いては短期トレードでは試されるといっても過言ではありません。

今一度、相場の流れについての理解を深めてみたらいかがでしょうか。

きっと、トレードの仕組みと質を高める架け橋になるかもしれません。

スマホでもPCでもチャートを同期していつでも使える!
高機能チャートTradingViewの解説はコチラ icon-arrow-circle-down

使いやすい!解説!TradingView

The following two tabs change content below.
うるてぃあ
株とFXを経て今は仮想通貨メインにやっています。 投資は『チェスのように』 1番の資本は『時間』がMy Style