うるてぃあすたいる

仮想通貨トレードの利確の基本

calendar

はじめに

私達が損益を確定するためには二つの手段があります。

「損切」か「利確」

そのどちらかを行って初めて手元に残ります。
中長期のトレードとは対称的に短期売買ではその試行回数が非常に大きく、

一瞬の判断で結果が大きく変わってしまうことも少なくありません。

今回は売買トレードをする上での基本「利確」についてお話しします

含み益は幻に過ぎない

 

現物取引であってもFXであっても
全てが確定するまでは=売買が全て終わるまでは

含み益という数値は幻に過ぎません。

例え含み益であって巨万の富を得ていたとしても急激な価格変動により

その含み益が泡沫となり売買が終わる頃には手元に殆ど残っていない。

もしくは大きな損失となって返ってきてしまう。

それではとてもスマートだとは言えませんよね。だからこそ

「利確」というのは短期売買では非常に大切な素養の一つでもあるのです。

 

「損切」も「利確」もすることは同じ

 

「損切」よりも「利確」の方が難しい。

と悩んでいらっしゃる方をたまに散見します。

しかし、本質的な意味合いで言えば「損切」も「利確」もすることは全く同じであり

そこに違いは殆どと言っていいほどありません。

では何故「利確」が難しいと言われるのでしょうか?

それは『理論的に判断する必要がある』からです

 

プロスペクト理論

 


プロスペクト理論 icon-check-square-o という非常に有名な理論があります。

簡潔に述べますと

私達人間というのは 利益を得た時に得る感情よりも 損した時の感情の方が大きいのです。

1万の利益を得た時の感情と、1万円の損益を得た時の感情は一緒ではないのです。あまり考えたこともない人が多いのではないでしょうか。

つまり私達人間は本能的に利益より損益に対して過剰に反応する生き物である。ということなのですね。

不思議ですよね。
売買といった単純なことでさえ私達の本能レベルで結果に起因している要素があるのですから。

私情を介するという罠

 
これは殆どの方が一度は経験したことがあると思います。

初めのうちは損失が出始めるとかなり敏感になると思います。

しかし時間が経てば経つほど、損失が大きくなればなるほど感覚がマヒし、

どうでもよくなったり、このままでいいや。といった気持ちに陥ったことがありませんか?

そう。そう思い始めた時点で

自分の私情=「欲」をトレードの中に介しているのですね

これこそが「利確の方が難しい」という方が生まれる理由なのですね。

私たちがトレードをする際には自分の私情を介さずに理論的に自分の手で行わなければなりません。

それは「損切」も「利確」でも全く同じことです。

わたしがどれだけ「欲」や「願望」の呑まれて天にお祈りしても相場の前では誰も構ってはくれません

それはみなさんも同じですね。

だからこそ自分の私情を介さずに「損切」「利確」の両方を行う必要があるのです。

自分でゴールを決める

 

自分の私情を介さずに短期売買を行う為に各々で利確または損切という「ゴールライン」を決めることはとても大切なことです。

チャートの読める方であっても仮想通貨初心者の方であっても

やり方は十人十色でも自分のスタートとゴールを決めることは可能ですよね。

○○円になったら○○しよう。という具合に。

自分でゴールを決めるということは逆説的に
理論的に物事を考えるからこそ出来ることでもあると言い換えることが出来るのです。

おわりに

どれだけトレードが初心者さんの方でもベテランの方でも
『自分で考えてトレードする』ことは

例え過程や結果がどうであれ

誰にも出来ることであり、何人にも侵すことの出来ない、自分だけの自由な思考と発想です。
唯一無二のあなただけのものです。

経験と成功。失敗の連鎖。トライ&エラーの果てに

振り返った時にきっと売買が上手になっているはずです。

The following two tabs change content below.
うるてぃあ
株とFXを経て今は仮想通貨メインにやっています。 投資は『チェスのように』 1番の資本は『時間』がMy Style