うるてぃあすたいる

販売所と取引所の違いって何??

calendar

reload

販売所と取引所の違いって何??
はじめに
仮想通貨は「販売所」または「取引所」
で購入することが可能なのですが初心者の方は違いが分からない方も多い思いはず
その違いについてまとめていきます!

 

販売所とは、例えるなら「スーパーマーケット」です。

会社側が仮想通貨のコインを販売して、私達がそれを買います。

例えば bitFlyerの販売所でビットコインを購入する場合、

私達はbitFlyerの会社からビットコインを購入することになります。
スーパーマーケットのようにお店で売買するというイメージが
分かりやすいですね。

 

取引所とは

取引所とは、例えるなら「フリーマーケット」です

売りたい人が仮想通貨のコインを販売して、買いたい人がそれを買います。

例えば bitFlyerの取引所でビットコインを購入する場合、
私達は売りたい誰かからビットコインを購入することになります。

フリーマーケットのように個人で売買するというイメージが
分かりやすいですね。

 

金額の違い

 

販売所と取引所では売買の仕方が違うため
もちろん価格も変動してきます。

初めに、bitFlyerの販売所を見てみましょう。

購入価格と売却価格が大きく離れています。
 
 
これは、販売元のbitFlyerが「この金額なら売るよ!買うよ!」
と提示している金額です。
このとき約220万円で1BTCを買ったとしても、
売るときには200万5000円と、15万円近く損をしてしまいます
次にbitFlyerの取引所の価格を見てみましょう。
取引所では「板取引」という形式で自分達で値段を決めて売買を行います。
右側の小数点の数字が、
この値段で買いたいよ!!と言っている人達
左側の小数点の数字が、
この値段で売りたいよ!!と言っている人達

 

よくみると値段の差が全然ありませんよね?フリーマーケットでは高すぎると誰も商品を買ってくれないのと同じで、

取引所は私達が値段を決めて売買するので、金額が大きく離れることがないのです。

 

 

・販売所では価格差が大きい
・取引所では価格差が小さい

 

流動性の違い

販売所と取引所では流動性=売買の数量
も大きく変わってきます。

販売所はスーパーマーケットなので、在庫も沢山あるのに比べて
取引所はフリーマーケットなので在庫は売りたい人の限られた分しかありません

〇〇の値段で買えるだけ買いたいよ!!と思っても取引所では在庫が足りなくて
買えない場合があります。

逆に、販売所では在庫が沢山あるので大きな数量にも対応することが出来るのです。

これが、販売所の大きなメリットですね

 

・販売所は大きな数量の注文に対応できる
・取引所は大きな数量の注文に対応できないときもある

 

おわりに

 

販売所にも、取引所にもどちらも一長一短のメリットとデメリットがあります。

これらを効率よく使い分けて、上手に仮想通貨をトレードしていきましょう!!

それでは良い仮想通貨Lifeを!!

The following two tabs change content below.
うるてぃあ
株とFXを経て今は仮想通貨メインにやっています。 投資は『チェスのように』 1番の資本は『時間』がMy Style